Cancel Preloader

tianze.zhang@graduateinstitute.ch

米国防総省「AI技術力でアメリカはまだ中国に優位。問題はAIを軍事分野でどう活用するか」(佐藤仁)

 軍事分野でのAI(人工知能)の活用が世界中で進んでいる。AI開発競争においても米中での対立と競争が続いている。米国防総省のAI研究機関である「ジョイントAIセンター(JAIC)」のディレクターのナンド・ムルチャンダニ氏は「アメリカはまだ中国よりもAI開発において優位である」と語っていた。「AI開発においてはアメリカは中国よりも優位で進んでいると考える。米国企業のAI分野での技術開発力があるからだ。だが問題は、そのAIをどのように軍事や国防分野に活用していくかである」ともコメント。  またジョイントAIセンターのバイス・チェアマンのジョン・E・ハイテン将軍は「5年前には、2020年には中国がAI分野においてアメリカを抜かすと言われていましたが、現在ではアメリカ中の全ての産業においてAI活用が進んでおり、アメリカにとっては大きなアドバンテージだ」と語っていた。ムルチャンダニ氏も「これからは国防総省はあらゆるAI技術を活用していくべきだ」と同意していた。国防総省のCIOを務めるダナ・ディジー氏は「ジョイントAIセンターでは現在120社以上の米国企業とAI技術の開発を進めている」と明らかにしていた。  現在、120社以上の企業とAI技術の開発を進めているとのことだが、AI技術開発に強いアメリカを代表する企業のGoogleは2018年に国防総省のRead More

米国防総省主催「AlphaDogfight」AIが人間パイロットに空中戦シミュレーションで圧勝(佐藤仁)

AIと人間のパイロットが将来の空中戦のベストコンビ 2020年8月に米国国防総省傘下の国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency:DARPA)がAI(人工知能)パイロットと人間のパイロットが空中戦でシミュレーション対決する「AlphaDogfight」コンテストが開催し、5対0でAIパイロットが圧勝した。  国防総省のマーク・ルイス氏は今回のAIパイロットが圧勝したことについて「人間のパイロットが不要になったわけではないです。これからはAIと連携しながらも、人間の判断が求められるシーンでは人間が判断することによって効率的な運用ができるようになります。AIパイロットは人間のパイロットと違って自己保身的にならないことが強みです。AIと人間パイロットが連携して操縦することが未来の戦場でのベストコンビだと確信しています」と語っていた。DARPAのスポークスマンのジェルク・アダムス氏は「どのレベルの操縦をAIが担当して、どのレベルになったら人間のパイロットが操縦を担当するのかフレームワークを決めていくことがこれから重要になっていきます。人間のパイロットは複雑な操縦シナリオでもAIパイロットを信用する必要があります」とコメントしていた。 殺傷攻撃の判断は人間パイロット 軍事分野でのAI活用は進んでいる。一方で人間の判断を介さないでAIが標的を判断して人間を殺傷する自律型殺傷兵器(Lethal Read More